【次はヨンア?】忽那汐里が退社!岡田結実も?オスカーが芸能界で蚕食!?

忽那汐里はオスカープロモーションを退社していた!

さらに3月中旬には、ヨンアとの契約も終了する。

そして、岡田結実も退社を決めたようである。

なぜ、オスカーが芸能界で蚕食されているのか?

さらにさらに、パワハラ的な叱責を受けてマネジャーらも大量退社しているとのことだが、一体なにがどうなっているのか?

スポンサードリンク

忽那汐里が退社!

プロフィール

名前:忽那汐里(くつな・しおり)

出身地:オーストラリア・ニューサウスウェールズ州シドニー

生年月日:1992年12月22日

国籍:日本とオーストラリア

略歴

2006年の第11回全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞に選ばれ芸能界入り。

翌年の「3年B組金八先生」で女優デビューを果たし、江崎グリコ「ポッキー」CMで注目を集め、その後も映画、ドラマ、CMなど幅広く活躍。

金髪の編み込みヘアの画像を更新した理由は?

「心機一転したかったのかもしれません。オスカー所属の女優陣の中でもとりわけ聡明で純朴なイメージで売ってきたのが忽那さんでした。しかし、彼女はオーストラリア出身で、そもそもハリウッド指向の強い女優さんだったんです」

人気の浮き沈みが激しい芸能界では、有名な役者がいつの間にか表舞台から消えていることもある。

最近では女優の忽那汐里が、日本のテレビや映画で姿を見かけなくなったと言われている。

ところが、2月2日、突如自身のInstagramに金髪の編み込みヘアの画像を更新した!

ポッキーのCMなどに出演する清純派女優のイメージだっただけに、周囲を驚かせた。

忽那さんといえば、2006年に「全日本国民的美少女コンテスト」審査員特別賞を受賞。

その後は女優として活躍していたが、ネット上で妊娠・出産説が取り沙汰されることなった。に。

2016年に、ボクらの時代へ出演した忽那さんが、「産んでないわ!」と否定したことでも話題になった。

その後テレビで彼女を見かける機会が減ったが、実際は海外映画の、

「アウトサイダー」

「デッドプール2」

「マーダー・ミステリー」

などに出演しており、国際派女優としての道を歩み始めていたようだ。

もうすでに事務所のHPからは写真も名前も削除されている。

スポンサードリンク

ヨンアも退社!?

プロフィール

名 前: ヨンア(キム・ヨンア)

生年月日: 1985年 10月 29日

出身:大韓民国

身長:173㎝

呼び名:丸の内のミューズ

経歴

韓国で女優として活躍していたヨンアさんは’03年末に活動拠点を日本に移す。

ファッション雑誌の『Oggi』の専属モデルをきっかけに、NHK教育の『テレビでハングル講座』のレギュラーや、シャンプーブランド『アジエンス』のCMに起用されるなど知名度が上がった。

私生活では2度結婚しているが、’14年の実業家との再婚で仕事をセーブするようになった。

夫は海外でも事業を手がけており、仕事の都合で夫婦でシンガポールに移住して、出産も重なり子育てに専念することになった。

この間も雑誌モデルは続けていましたが、以前よりメディアに出る機会は減った。

退社理由は?

2018年2月に拠点を日本に戻し、芸能活動を再開し、モデルの経験を活かしてファッションブランド『COEL』のクリエイティブディレクターに就任。

このままオスカーに所属して芸能活動を続けるより、自身のファッションブランドに力を入れたいという気持ちが大きくなったようです。

ヨンアさんのプロデュースするブランドには一定の需要があるので、今後は同世代の働きながら子育てする女性に向けて活動していくと思われます。

今月の3月が契約更新時期ですが、今回は更新しなかったため、退社ということになったようです。

スポンサードリンク

岡田結実も退社???

プロフィール

名前:岡田結実( おかだ ゆい)

⽣年⽉⽇ :2000年4⽉15⽇

出⾝地 :⼤阪府

⾝⻑ :160cm

最近バラエティで⼤活躍の岡⽥結実さんですが、実は芸歴10年以上のベテランで、デビューは2001年、わずか1歳の時でした。

キッズモデルとして活動したのち、2010年から4年間NHK教育テレビの「天才てれびくん」シリーズでてれび戦⼠として活動。

松本⼈志さんに「お⽗さんよりも⾯⽩い」と⾔わせるトークを炸裂し、その他バラエティ番組にも多数出演しています。

退社理由は?

本人が女優業をメインにしたいと希望しているから。

岡田さんの主演の連ドラはまだ2本で、この時間帯のドラマに主演で出ていた“オスカー枠”のようなものです。

本気で女優をやりたいと思うなら、その枠で年1回、主演するだけでは納得いかなかったようです。

さらに岡田さんは連ドラ初出演で川口春菜さんと共演、そこで意気投合して演技の楽しさを知ったようです。

同じモデル出身で話も合ったようで、川口春菜さんは代役とはいえ、大河のヒロインに抜擢されました。

一方の岡田さんといえば、出演したドラマ4本はすべてテレ朝だけなので、このままではいけないとの思いを強くしたのでしょうか。

スポンサードリンク

オスカーが芸能界で蚕食!?

・社員に厳しく、金にもうるさい。

・ミスをしたことを責め、すぐに始末書を書かせる。

・パワハラ的な叱責を受けてマネジャーらが大量退社している。

オスカーは古賀誠一社長が一代で築き上げたオーナー企業だが、次期社長は役員を務める義理の息子だと言われているが、評判がよくないようである。

音事協(日本音楽事業者協会)に加盟していないのも大きいんですよ」というのはレコード会社関係者だ。

音事協はタレントの引き抜きなどの事務所間のトラブルの防止や著作権・肖像権などの権利確立などを目的とした芸能界最大規模の業界団体です。

そして、音事協に加盟している事務所間では、

・タレントの引き抜きは禁止

・マネジャーの移籍すら、お互いの社長が了解しなければ転職できない

つまり、音事協に加入していないオスカーのタレントは、辞めさせやすい。

手塩にかけたタレントでも引き抜いたモノ勝ち、オスカーは生き残れるのだろうか?

おわりに

オスカーは次世代を担う若⼿⼥優が育っておらず、現在も⼥優部⾨の稼ぎ頭は⽶倉涼⼦さんと
上⼾彩さんの2⼈です。

以前まで活躍していた武井咲さん、菊川怜さん等は結婚、出産によって仕事をセーブ。

剛⼒彩芽さんもプライベートを優先させたことで仕事が激減しておる。

忽那汐⾥さん、ヨンアさん、そして岡⽥結実さんの退社は⼤きなダメージになるのではないかと思います。

さらに社⻑交代によって⼈材流出が進めば、オスカー崩壊といったことになりそうです。

果たして今後どういった展開を迎えることになるでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする