【われち語】杉山弥紀佳は笑ってこらえてが実践デビュー?事務所をチェック!

杉山弥紀佳は笑ってこらえての街頭インタビューで、自身を「われち」と称したり、”光&栄”などの独特な「われち語」が話題になり、芸能事務所入りしました。

現在は実践女子大文学部美学美術史学科に在学中です。

2020年1月現在で20本以上の出演オファーが殺到しているようです。

栃⽊県出⾝の杉⼭弥紀佳が使う「われち語」は⽅⾔なのでしょうか︖今年の流⾏語大賞を狙っているのでしょうか?

記事は標準語で書きますが、われち語で書いたら変換が大変なことになりそうでふ!

ではお読みくだちゃいまち!

スポンサードリンク

杉山弥紀佳のわれち語とは?

wikiプロフィール

名前︓杉⼭ 弥紀佳(すぎやまみきか)

出⾝地︓栃⽊県

⽣年⽉⽇︓1997年4⽉29⽇

年齢︓22才(2020年1⽉現在)

⾎液型︓A型

⾝⻑︓160cm

趣味︓美術館巡り、映画鑑賞、スキー

特技︓フランス語、新体操(全国⼤会出場経験あり)

高校:栃木県出身ということで、栃木県の高校を卒業したのではないかと推測されます。

大学:実践女子大文学部美学美術史学科に在学中の3年⽣

職業︓現役⼤学⽣、タレント

所属事務所︓アーティストハウスピラミッド

新体操とスキーが得意
⼩学校のとき、2才から10年間続けた新体操で全国⼤会出場したり、スキーが趣味だったり、運動神経抜群です!

そして、とうとうバラエティ番組で新体操の腕前を披露する⽇が来た⏬

われち語とは︖

そもそも「われち語」とは、杉⼭弥紀佳さんが⼩学校のときに習った漢字『我』に運命を感じて⾃ら作った造語です。

もしかしたら、すでに小学校の時から使っていたのでしょうか?

そしてこちらが「われち語」の⼀例です。
・自分の呼び方→われち

・⺟親の呼び名→ ままてぃやん

・⼆語熟語の間に「&」を⼊れる→”光&栄”、” 尊&敬”、” ⼤&好きどす”

・「さ⾏」「た⾏」を「ち」→皆ちゃま、ご覧下ちゃいまち、 共&演ちゃちぇていただいた

・「です」を「でふ」→ よろぴこりんちょでふ、すち×すち=神でふ

・キングダムやデラックスな表現→うれぴよこデラックスの極みでちた、ありがたキングダムデラックスシュナイザーボルトハリケーン

●酒井法子さんは、

・ペコペコマンモス→本当にごめんなさい・おなかがへった(これは2つ使い方があるよ!)

・よろぴく→よろしく

●中川翔子さんは、

・ウマス(>▽<)→おいしい、うまい

・ギザかわゆす→すごいかわいい

次の流行語になる可能性はあるのか?のりピーのペコペコマンモスには驚いたけど(笑)

スポンサードリンク

「笑ってこらえて」が出演デビュー?

番組初「われち語」は?

芸能界デビューするきっかけになったのはなんと、所ジョージさんの『笑ってコラえて!』の街頭インタビューなんです!

番組で、渋谷駅の前で友達と待ち合わせしていたところ、街頭インタビューに遭遇し、その強烈な個性が関係者の目に留まりました。

ここで「われち語」が全国放送されたわけですね!

番組放送中の反応は?

電話すること「テルンゴ」っていうの知って夕食の味噌汁死んだンゴ#笑ってコラえて

— naohiro92 (@naohiro3rds) 2019年6月19日

ありがたキングダムなんか使いたくなるwww #笑ってコラえて

— 久遠菜月 (@n_over4u) 2019年6月19日

ごく一部の引用ですが、もっともっと反応はありました!

事務所をチェック!

この番組が放送されてから3か月後には所属事務所が決定しています。

所属事務所は『鈴木紗理奈』さんや『熊田曜子』さん『安田美沙子』さんなどが所属している「アーティストハウス ピラミッド」です。

なかなか大きい事務所に目を付けてもらったんではないでしょうか。

もともと芸能界に興味があった杉山さんは、芸能界入りすることになったことに対し…

神様からの贈り物やと思いました。うれぴよこの極み。ありがたキングダムデラックスシュナウザーボルトハリケーンです。

…と話していました。

ちなみに憧れの芸能人は、「指原莉乃」、「若槻千夏」、「藤田ニコル」、「池田美優」、「朝日奈央」だそうです。

所属事務所の先輩は路線が違うんでしょうかね?

確かに憧れの芸能人の方が、杉山さんには近いような気がします。

スポンサードリンク

おわりに

笑ってこらえての街頭インタビューで、「われち語」が話題になり、芸能事務所入りしました。

われち語は杉山弥紀佳さんが小学生に習った漢字「我」に運命を感じ自ら作った造語でした。

その造語で、

「バラエティのトップを目指しちょりますんで、われち語が浸透して2020年が終わるころには世間的に認められれば」と野望を語っています。(2020年の1月6日「スポーツ報知」)

それは絶対ムリ!とは言えないような気がしてきました。

2020年は色々な番組で引っ張りだこの状態なので、今後はもっと「われち語」が浸透してくるとわれちは思いまちゅ

最後までお読みくだちゃいまして、ありがとうございまちゅ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする