【結婚して嫁(妻)は?】荻田泰永(おぎたやすなが)に子供はいる?費用が気になる!!

激レアさんを連れてきたに、北極冒険家の荻田泰永(おぎたやすなが)さんが登場します。

地球で最も過酷な場所である北極にハマってしまった荻田泰永さんは結婚して妻(嫁)や子供はいるのでしょうか?

荻田泰永さんの気になる学歴と、北極冒険にかかる費用とスポンサーを調査!

スポンサードリンク

荻田泰永は結婚して嫁(妻)と子供はいる?


出典:excite.co.jp

北極を単独で冒険している荻田泰永さんは結婚して嫁(妻)はいるのでしょうか?

日本唯一の北極冒険家・荻田泰永さんは、年齢的にはご結婚されてお子さんもいても不思議ではありませんが、単独で2000年から2019年までに16回の北極行を経験していますのでうちを空けている事が多いと思います。

そこで家族について調べたところ、荻田泰永さんには5歳年上の奥様がいて、すでに1児の男児の父親である事が判明しました。

この事について、ほぼ6年前の2014年6月16日に配信された『産経ニュース』は次のように報じています。

“荻田泰永

5歳年上の妻、
1歳5カ月の長男と北海道鷹栖町で暮らす。

2度の北極点への挑戦を含め、

14年間に13回も北極を旅している。

著書に『北極男』(講談社)がある。”

ほんの数行ですが、結婚して奥さんやお子さんがいることがわかりました。

ホームページで色々記事はありますが、ご家族についての内容はほとんどありません。おそらく一般人のため、公表は控えているのかもしれません。

冒険家にとって、帰りを待っている家族がいるのは心強いですね!

荻田泰永の学歴が気になる!!


出典:kimamana-topic.com

名前:荻田泰永(おぎたやすなが)

生年月日:1977年9月1日

出身地:神奈川県愛甲郡愛川町

学歴:神奈川工科大学中退

職業:北極冒険家

学歴の神奈川工科大学といえば、カナコウやカイトの愛称で呼ばれ、ロボット研究が盛んな大学として知られていて、宇宙開発や自動車開発など理系大学です。

その神奈川工科大学在学中に極地冒険家として活躍する大場満郎さんの番組を見て、北極への冒険に魅せられたそうで、このテレビがきっかけで人生が大きく変わりました。

ちなみに大場満郎さんは日本を代表する冒険家で、地球縦回り一周の旅などを成功させています。

そして大学3年生だった荻田さんは、2000年に憧れの大場さんが企画した「北磁極を目指す冒険ウォーク」に参加!

荻田泰永さんはそれまで海外旅行の経験はなかったそうで、初めての海外旅行が北極だなんてちょっとウキウキ気分で行けるようなところじゃないですよね?だって下手すると命がけですよ!

スポンサードリンク

荻田泰永の冒険への道

出典:toyokeizai.net

そのまますっかり冒険に魅せられ、大学卒業まであと1年残し、冒険家への道に進みます。

・2003年:カナダ北極圏ビクトリア島を徒歩で縦断。

・2010年:レゾリュートから北磁極までの無補給単独徒歩行700kmを成功。

・2011年には Faust A.G. Awards ファウスト冒険家賞を受賞され、名実ともに日本を代表する冒険家に仲間入り。

・2016年:カナダ最北の村グリスフィヨルド〜グリーンランド最北のシオラパルクをつなぐ1000kmの単独徒歩行(世界初踏破)

・2018年1月5日(現地時間):南極点無補給単独徒歩到達に成功(日本人初)

・2018年2月:2017「植村直己冒険賞」受賞

荻田泰永の冒険の費用とスポンサーは?


出典:news.panasonic.com

北極を冒険するといってもそれには旅費だけでなく、装備や食料などの費用が必要だと思うのですが、スポンサーはいるのでしょうか?

参考までに北極冒険費用は、

・日本からレゾリュート(北極にわりと近い空港)までの旅費が80万円

・衛星電話通信費20万円

・新規装備購入費100万円

・レゾリュートからディスカバリー岬(北極に一番近い小さな空港)までのチャーター機費用300万円

・北極点からレゾリュートまでのチャーター機費用が1000万円

他にももろもろの経費が発生し、その合計額は2000万円になります。

荻田泰永さんは2000年より2019年までの20年間に16回の北極行を経験していますので、2,000万円×16回でかかった費用はおよそ、3億2,000万円です!

スポンサーとしては荻田泰永さんの公式サイト上では、個人サポート隊員募集と称して資金を募っているページもあります。

そして2016年より荻田泰永さんにカメラの機材提供という形でサポートをしてきたパナソニックは、2018年の南極点挑戦の際にはそれまでの機材サポートに加えて、別の形で荻田をサポートしました。

「どうやったら、きちんと荻田さんを応援できるかを考えていました。

ちょうどその頃、私が担当したカメラのグローバルマーケティング用の広告企画があって、そこに荻田さんをキャスティングすれば、広告出演料の形できちんとお金を支払うことができると考えました。

もちろん、それが会社にとっても、いい形になるのではないかと考えてのことでした」

この話のように世の中には、荻田泰永さんの利用価値を考え、正しく活用しようとする人がいるので、”北極冒険家の荻田泰永”にお金が集まる理由です!

おわりに

【結婚して嫁(妻)は?】荻田泰永(おぎたやすなが)に子供はいる?費用が気になる!!と題して記事を書きました。

まとめると、

・荻田泰永さんは結婚していて子供がいる

・荻田泰永さんの学歴は神奈川工科大学だが、冒険家になり3年で中退する

・荻田泰永さんの冒険にかかる費用は、1回でおよそ1700万円かかる

・荻田泰永さんには応援してくれるスポンサーがいる

です。

地球で最も過酷な場所『北極』にハマってしまい最低気温マイナス50度の世界を1万km以上歩き続けた結果、大記録を達成してしまった北極冒険家の荻田泰永さん。

日本人で初めてのその冒険が今後も続きます!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする