ダイアン・ファニング【ミステリー作家】の経歴プロフィールとなぜ小説家に?(アンビリバボー)

奇跡体験!アンビリバボーにノンフィクション推理小説作家のダイアン・ファニングさんが出演。

ダイアン・ファニング【ミステリー作家】の経歴プロフィールと小説家になったきっかけとは?

ダイアン・ファニングの最近(現在)の推理小説は?

スポンサードリンク

ダイアン・ファニングのプロフィール

名前::Dianne Fanning(ダイアン・ファニング)

出身地:米国メリーランド州ボルチモア

職業:ミステリー小説家、ノンフィクション作家

国籍:アメリカ合衆国

代表作:『Mommy’s Little Girl』『Written in Blood』『Throuh the Window』

2006年:「Written in Blood」がエドガー賞ノミネート

ファニングは米国メリーランド州ボルチモア(Baltimore, Maryland)に、ダイアン・リン・ブッチャー(Diane Lynn Butcher)として生まれる。

このButcherという姓は、意味が「肉屋、虐殺、人殺し」などの意味があり、恐ろしさを演出する名前です。

そのため、ダイアンが後に推理小説を書き始めた時、父方の親類はブッチャー姓を名乗ったほうが良いと思っていたとダイアンは自サイトに記しています。

ダイアン・ファニングの小説家になったきっかけは?

ダイアンが9歳のとき、道路の丘の上に車を止めた車の男性が道を尋ねてきて、車のドアを開け、ダイアンに地図を見るように言いました。

ダイアンが近づくと彼は彼女の上腕をつかみ、ダイアンを彼の車に引き込もうとしましたが、丘の上に別の車が登ってきて運転手が警笛を鳴らしたので男はダイアンの腕を放し、車のドアを開けたまま車を出しました。

テレビで「ドラッグネット(DRAGNET)」の大ファンだったダイアンは、車のナンバーを覚えることを知っていたので、それを母に伝え警察に知らせたため、犯人は逮捕され9歳の少女の性的暴行未遂と殺人未遂で有罪判決を受けました。

この事件によってダイアンは、犯罪者の心理に深く興味を持つようになりました。

ダイアンの羊たちの沈黙に似ている事件とは?

息子が殺害!疑問を持ったジャーナリストが協力を求めたのは大量殺人鬼!しかし、この依頼が衝撃の展開をみせることに!殺人事件のアンビリバボーな真相とは!?

今回の番組内容です。

ダイアン・ファニングは当時10歳の少年が殺された事件の報道をテレビで見た時に違和感を覚えたそうです。

「本当に彼女が犯人なのか…?」

気になったダイアンさんは当時既に逮捕され刑務所にいるという70人殺しの史上最悪のシリアルキラー、トミー・リン・セルズに

「何か犯人への手がかりになるヒントが彼なら分かるのではないか?」

と考え、連絡をとったのでした。

これがまるで大ヒット映画「羊たちの沈黙」のレクター博士とクラリスを彷彿させる事件だっったのです!

2002年、ファニングは連続殺人犯のトミー・リン・セルス(Tommy Lynn Sells)から手紙を受け取りました。

その手紙には、母親が10歳の息子ジョエル・カークパトリック(Joel Kirkpatrick)を殺害したとして有罪判決を受けた事件は自分の犯行であると書かれていました。

ファニングはトミー・リン・セルスとのやりとりから彼女が著した、

・Through the Window (St. Martin’s Press, 2003)」

・刑務所審議会の前のファニングの証言

は、セルの犯罪の詳細であり、母親ハーパー(Harper)の無罪を証明するのに役立つと言われていました。

ダイアン・ファニングの最近(現在)の推理小説は?

ダイアン・ファニングさんは現在も存命で2019年にはノンフィクションの『川の死』を世に送り出しています

それは完璧なロマンチックな休暇のようでした。

ハドソン川での2人のカヤック旅行。

しかし、美しい金髪のアンジェリカグラスワルドが911に電話をかけて、ハンサムでアスレチックなヴィンセントヴィアフォーレが波状の凍るような海で溺死したことを報告したとき、それは悲劇に終わりました。

当局はそれが事故であると想定した。

しかし、ヴィンセントの死後まもなく、彼女がソーシャルメディアで腕立て側転をしている自分のビデオを投稿した後、殺人の疑いが浮上しました…

おわりに

ダイアン・ファニング【ミステリー作家】の経歴プロフィールとなぜ小説家に?と題して記事を書きました。

多くの栄誉が与えられたダイアンですが、彼女はブログでこう語っています。

「しかし、犯罪作家としての私にとって最も充実したことは、不法に有罪判決を受けたジュリー・レア・ハーパーの冤罪を晴らすために私が果たした役割でした」

今回の事件のことです。

小説が売れることより、冤罪を晴らしたことが何より良かったとのことです。

ダイアン・ファニングさんは現在、夫とバージニア州のベッドフォードにお住まいになっています。

小説を書くことは、誰かの冤罪を晴らすことに繋がると信じて書き続けているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする