【お祭り大好き男】ドーアンのSUPER祭り合同会社とは?SNSを調査!【YOUは何しに日本へ?】

お祭り大好き男・ドーアンが奇祭・黒石寺“蘇民祭”に参加する。

ドーアンはSUPER祭り合同会社の代表だった!

お祭り大好き男のTwitterやFacebookのなどのSNSを調査します。

実はこの蘇民祭…極寒の川で水浴びや、火の上で煙まみれになるなど超過酷な祭りです!

しかもドーアンはお祭りだから参加しただけではなく、会社の仕事で同行したのだった!

テレビでそのことが紹介されるかわかりませんが、先にこの記事で紹介します。

スポンサードリンク

お祭り大好き男のドーアンのSUPER祭り合同会社とは?

「日本のお祭りには伝統、文化、歴史、美意識、人の情熱、すべてが凝縮されているんです。だから私は日本のお祭りに魅せられてしまいました」

プロフィールと経歴

名前:DOGAN MESUT(ドーアン・メスット)

出身:トルコ生まれ

年齢:36歳(2019年現在)

イスラエルやアメリカで観光ホテルの経営学を学び、30歳のときに来日しました。

ホテルのフロントマネージャーとして、日本人の妻と子供と一緒に小豆島に移住しました。

ドーアンは仕事だけではなく、地元に馴染みたいと思っていましたが、日本人はシャイなのか話しかけてもなかなか親しくなれなかったそうです。

「4月に移住したその年の10月に、太鼓祭りというものがあるから出ないかと言われたんです。なんだかよくわからないけどお祭りなら出てみようと思って。そうしたら私の日本での生活が180度変わってしまいました」

それがお祭り大好き男になったきっかけでした。

SUPER祭り合同会社

会社概要

●設立 :2018年5月25日

●創業者&代表 :MESUT DOGAN

●資本 :5円

●自己基金は3.000.000円

●オフィス :220-0004神奈川県横浜市西区北幸1-11-1水延ビル 7番粉

●オフィス電話 :+81 50 5436 9478

業務内容

● 日本全国への文化祭ツアー

●フェスティバルおよびイベント組織

● 祭りをテーマに観光客を呼ぶノウハウのコンサルティング

● ローカル観光情報、観光ガイド、通訳の翻訳。

スポンサードリンク

SNSを調査!

Twitter

https://twitter.com/supermatsurijp?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

祭りの内容や、イベント、ビジネスの宣伝などをツイートしてます。

Facebook

https://www.facebook.com/supermatsurijp/

最近は日本文化祭トルコ2020というイベント情報が多いですね。

スポンサードリンク

蘇民際とは?

蘇民祭はSUPER祭り合同会社のFacebookで募集があった!

Kokuseki Temple Sominsai

¥38,000

参加料が38,000円です。

すでに企画は済んでいますが、もしかしたら今回テレビに写った参加者がいるかもしれませんね!

【YOUは何しに日本へ?】で1000年以上続く奇祭・黒石寺“蘇民祭”に参加するYOUを地元で探すと、おとなしすぎるYOUを発見!

聞けば、蘇民祭に出るという。さらに、かつて岸和田のだんじり祭で出会い密着した、お祭り大好き男・ドーアンにも遭遇!

という番組説明でしたが、おそらくドーアンはたまたま今回の会社のインストラクターということで同行し、テレビの取材があったのではないかと思われます。

蘇民際とは?

蘇民祭は、岩手県を中心に日本各地に伝わる裸祭りであり、1000年以上の歴史を持つと言われています。

岩手県内では毎年1月から3月にかけて複数の蘇民祭が行われ、国の選択無形民俗文化財として選択もされています。

奥州市の黒石寺蘇民祭は日本三大奇祭ないし日本三大裸祭りの一つに数えられることもあります。

過去にはこんな問題があった!

2008年の蘇民祭に先駆けて、岩手県奥州市が作成したポスターをJR東日本が「女性客が不快感を覚え、セクシャルハラスメントに該当するおそれがある」として駅構内での掲示を拒否したことは話題になりました。

毎年、「静と動」のイメージ画像を交互に使用する事となっているそうです。

おわりに

かつて岸和田のだんじり祭で出会い密着した、お祭り大好き男・ドーアン。

トルコから移住して、地元に馴染みたいということで太鼓祭りに参加しました。

なんだかよくわからないけどお祭りならと思って参加した結果、お祭り大好き男になってしまいました。

お祭りが好きすぎて、とうとう自分でSUPER祭り合同会社を設立しました。

「祭りのあるとこドーアンあり」

そんな言葉が生まれそうです!

外国の方が、日本のお祭りという文化を広めてくれるのは嬉しいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする