熊谷正数の年収は?漁の期間はオスメスで違う!呼び方は違うけどみんな一緒?

凄腕漁師・熊谷正数は港史上最高となる691万円の水揚げ額を記録した!

その年収はどのくらいなの?

カニ漁の期間はオスとメスで違うんだって!

呼び方が違うだけで中身は一緒?

カニ漁の平均年収や、漁をしている期間やその時間が実際どのくらいなのか調べたら、驚きの事実が!

スポンサードリンク

熊谷正数の年収は?カニ漁の年収はどのくらいなの?

平均年収は?

カニ漁船漁師の平均年収は1390万円~1845万円くらいで年代別にみると、

●20代の給料:100万円

●30代の給料:120万円

●40代の給料:125万円

※歩合により変わるので詳細は補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております。

熊谷正数さんは、昨年度のカニ漁解禁日に691万円の水揚げ額なので、一回の漁で半年分の年収を稼いだことになります!

初日がこれですから、もっと期待できそうですが、カニ漁・・・というか漁はそんなにうまくいうものではないようです。

年代別の理想の年収は?

●20代
カニ漁船漁師として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。

20代の理想の年収はおよそ1,470万円を超える年収です。

プロ野球選手の年収と重なる部分がありますが、一般的なサラリーマンが稼ぐ年収とは大きくかけ離れていると思います。

●30代
カニ漁船漁師としてある程度力がついてきたで、役職についたり、責任ある仕事を任されることもあります。

そんな30代の理想の年収は1,722万円を超える年収です。

仕事をしていく上で、サラリーマンでも役職についたり、一人で仕事を任せられたりしますが、それでも普通はこんなに年収は高くないと思います。

●40代
カニ漁船漁師となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあり、企業の中心で働くキーマンが多い。

40代の理想の年収は1,848万円を超える年収です。

30代と比べて、仕事内容は大きく変わりますが、金額は100万くらいの上乗せですね。

カニ漁船漁師の仕事内容と労働時間

カニ漁船に乗って遠い海へカニをとりにいくのがカニ漁船漁師の仕事です。

年に3ヶ月ほどだけ仕事をしてそれ以外は休みで、それだけ聞くと楽な仕事に聞こえてしまいそうなものですが、実際の仕事は命がけです。

危険度は繰り出す海によって変わります。

越前のズワイガニ漁なんかだとそこまで危険なものでもありません。

カニ漁師が危険だと言われているのは、ひとえにベーリング海のかに漁師のイメージによるものです。

遠洋での作業の労働時間のグラフはこんな感じです。

一日3時間の睡眠ですね!福井県の場合は陸から近く、また違った労働時間の可能性があります。

スポンサードリンク

カニ漁の期間はオスとメスで違う!

福井県の越前ガニとは?

11月6日、冬の味覚の王様「越前がに」の漁が解禁します。

日本海の荒波と厳しい寒さに育てられた「越前がに」はカニの中の王様。

甘くひきしまった肉質で知られる最高級品種で、ブランドマークの入った黄色いタグ付きのカニは「越前がに」の証です。

2018年9月27日、「越前がに」が農林水産省が進めている、「地理的表示保護制度(GI)」に追加登録されました。

「GI」は農林水産省が進めている、各地域ならではの環境や伝統などの特徴をもつ地域産品を守り伝えるための制度で、越前がには69品目の登録で、福井県では6品目、またカニの中では全国初となります。

タグ付きブランドガニの祖であり、唯一の皇室献上ガニである「越前がに」に、新しく国の”お墨付き”が付くこととなります。

黄色のタグ、発祥の地
今では全国で定番となったタグ付きガニ。越前町漁業協同組合が、全国で初めて1997年にセリ前のカニにタグを取り付けるブランド化を行いました。黄色のタグは越前町が発祥の地なのです。

●漁獲量、福井県No.1
福井県内の港で水揚げされる越前がにが、もっとも多くの水揚げがあるのが越前町です。

だから、越前町で新鮮でおいしい越前がにをたくさん買うことが出来ます。

●かに漁船、福井県最多
越前町には、小型・大型福家50隻以上の底びき網漁船があり、これは福井県内最多を誇り、越前がに漁の中核を担っています。

●漁場まで最も近い
越前がにの味の決め手は、何といっても鮮度であり、越前町の港は、漁場である越前岬沖まで最も近く、獲れたズワイガニを活きの良いまま持ち帰ることができます!

解禁日について

解禁日がなぜ、11月6日なのかというと一番有力な説は、「立冬(りっとう)」だから。

立冬とは、二十四節気の中の一つで、「冬の始まり」を意味します。

つまり、「冬の始まり」=「カニ」を連想しやすくするために11月6日に設定したのでは、と言われています。

オスとメスでは解禁日が違う!

ちなみに、カニの保護のため毎年、11月6日から3月20日あたりまでカニの漁ができる期間となっています。


●メス  11月6日~12月31日

●オスガニ 11月6日~翌年3月20日

●若ガニ 2月9日~3月20日

ちなみに11月6日が解禁日なのは山陰と北陸のみ。

北海道を始めとする北陸より北日本では、10月1日解禁の5月末までが漁期となります。

11月6日に解禁なのは、越前がにと松葉がにと思っていただいていてよいです。

スポンサードリンク

呼び方が違うだけで中身は一緒?

地域別ズワイガニの呼び方は

●山形・庄内産→ オス「よしガニ」、メス「クボガニ」

●新潟産→ オス「ズワイガニ」、メス「メガニ」

●石川産→ オス「加能ガニ」、メス「香箱ガニ」

●福井産→ オス・メス「越前ガニ」

●京都・丹後町・間人産→ 「間人ガニ・たいざガニ」

●兵庫・津居山産→ 「津居山ガニ・ついやまがに」

●兵庫・柴山産→ 「柴山ガニ(しばやまガニ)」

●京都~島根の広範囲→ オス「松葉ガニ」、メス「セコガニ」

●京都・兵庫付近→ メス「親ガニ」「コッペガニ」

各地域で呼び方がかなり違いますね。しかもオスとメスで呼び方が違うところもあります。

名前が違うだけ?と思いましたが、場所が違えば成長の仕方や、食べかたも違ったり鮮度も異なってくるので、中身は違いますね!

おわりに

凄腕漁師・熊谷正数は港史上最高となる691万円の水揚げ額を記録した!

その年収はどのくらい?

カニ漁の期間はオスとメスで違うの?

呼び方が違うだけで中身は一緒?

について調べてみました。

熊谷正数さんは、昨年度のカニ漁解禁日に691万円というとてつも金額を得て、一回の漁で半年分の年収を稼ぎました!

予想外の不漁の時の起死回生の策もあるようで・・・

プロフェッショナル 仕事の流儀「越前ガニの冬 人生を懸ける男たち」を是非御覧ください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする