宮原博昭の学歴(出身高校大学)や経歴は?wikiプロフと年収を調査!(カンブリア宮殿)

カンブリア宮殿に学研の社長宮原博昭が出演します。

宮原博昭の学歴(出身高校大学)や経歴は?

宮原博昭のwikiプロフィールについて!

学研の社長の宮原博昭の年収は?

低迷していた学研の売り上げをV字回復させ、10期連続増収を達成したという凄腕社長が宮原博昭です!

そんな凄いことを成し遂げている宮原博昭社長が、どんな人なのか調べました。

スポンサードリンク

宮原博昭の学歴(出身高校大学)は?

出身大学は?

大学は、経営者としては珍しい「防衛大学校」を卒業しています。

出身地が広島県で自衛隊とかかわりが深かったこともあり、学生時代から戦闘機乗りを志していました。

確かに趣味が飛行操縦ですからね!

広島県といえば、世界最大級の『戦艦大和』の造船場所としても有名です。

アルキメデスの大戦でも出てきましたね。

防衛大学校は、自衛官の幹部候補生を育成するための学校なので、学校に通いながら10万円程度の給料も支給されます。

その代わりに、日々の生活は規則や守るべきルールが厳重に決められていて、環境の厳しさから、卒業することまでに大学を中退する生徒も多いようです。

宮原博昭は逃げ出さずに、22歳の時に卒業をします。

そして在学中に防衛大学校の教授をしていた野中郁次郎(のなかいくじろう)と出会います。

この野中郁次郎は近代経営学の生みの親と呼ばれていて、宮原博昭が卒業するまでの4年間、経営についての授業を受けていました。

宮原博昭は大学に入学してから、本気で自衛官を目指していました。

・毎日欠かさずランニング

・就寝後もトイレの明かりで勉強

をするほどの努力家でした。

自衛官の道から経営者への道に進んだのは、もしかすると野中郁次郎との出会いだったのかもしれません。

出身高校は?

出身大学については調べることができましたが、出身高校や中学・小学までの情報は見つけることができませんでした。

おそらく、両親の仕事の都合で島根県や兵庫県、東京都などにも転居していたようなので、学生時代が転校が多かったのではないでしょうか?

広島の呉の高校ではない可能性が出てきました。

インタビューでは、

「日本一厳しい高校ではないか?というぐらいの学校」

と言われていました。

スポンサードリンク

経歴について

・1983年西本貿易入社

・1986年学習研究社(現学研ホールディングス)入社。

・2003年学研教室事業部長。

・2007年執行役員から第四教育事業本部長兼学研教育事業部長。

・2009年取締役に昇格。

・2010年代表取締役社長

そして19年連続で減収が続き、経営危機にあった学研ホールディングスの再建にあたり、V字回復を果たした!

社長に就任したのは根性があるからだと思うと、ご自分でおっしゃっています。

前の社長からもオマエは逃げない人間だからと言われたそうです。

wikiプロフィール

プロフィール

・名前 宮原博昭(みやはら ひろあき)

・生年月日 1959年7月8日

・出身地 広島県呉市

・趣味 野球・飛行機操縦

学研ホールディングスの代表取締役社長を務めている宮原博昭は、広島県呉市の出身です。

小学校の頃からスポーツ全般が得意で、スポーツの道に進もうと考えたこともあるぐらいでしたが、現在の経営者側に立つことに決めたようです。

なぜ経営者に?

小学生のときにはすでに身長が167㎝もありましたが、その後のなかなか伸びずに悩んでいました。

悩んだ末にスポーツの道は諦め、

「自分の名前が残る仕事がしたい」

という思いから、学研研究社(現在の学研ホールディングス)に入社します。

スポンサードリンク

年収と資産はどのくらい?

2010年から学研ホールディングスの代表取締役を務めている宮原博昭の年収や資産はどのくらいなのでしょうか?

学研ホールディングスの社員の平均年収を調べてみると、

「864万円~936万円」

となっていました。

50歳から54歳の社員が給料のピークで、部長クラスにもなると

「年収900万円」

を優に超えていました。

そのような事を踏まえて、代表取締役社長を務めていることを考慮すると、

少なくとも年収は「1000万円以上」

になるのかもしれません。

宮原博昭の正式な資産額というのは公表されていません。

ベネッセホールディングスの福武總一郎(ふくたけそういちろう)社長の資産額は1220億円とされていました。

ベネッセホールディングスの総売上は、学研の約3倍です。

単純計算ですが、宮原博昭の資産は福武總一郎社長の資産額1220億円の約1/3の

「400億円程度」

はあるのではないでしょうか?

おわりに

学研ホールディングスの代表取締役社長を務める宮原博昭は就任してから、社員育成と事業の拡大に力を入れ、10年連続の会社の増収を成功させたスゴ腕の経営者です。

防衛大学校の出身という異色の学歴をもっていますが、大学時代の4年間に経営について教えてくれた野中郁次郎先生の影響があって、今に活きているのかもしれません。

積極的に挑戦をし続ける姿勢を崩さず、ますます事業の拡大を進めていって欲しいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする