【出身高校はどこ?】宮沢汰佳(たいが)のFacebookは?髪型や仏師を調査!

マツコの知らない世界に仏師の宮沢汰佳(みやざわたいが)君が出演します!

宮沢汰佳君はまだ高校生ですが出身はどこでしょうか?wiki経歴プロフィールやFacebookやTwitterを調査!

独特な髪型ですが、その理由と仏師とはそもそもどういう職業なのか調べてみました。

スポンサードリンク

宮沢汰佳の出身高校などのwiki経歴プロフィールは?


出典:tv-asahi.co.jp

・名前:宮沢汰佳(みやざわたいが)

・出身地:長野県

・生年月日:2003年6月14日(2020年現在17歳)

・出身高校:長野俊英高等学校在学中

そもそも宮沢汰佳君はなぜ仏師に興味を持ったのでしょうか?

実は小さい頃からお墓に興味がある子供だったようで、母親の友人から

「仏像にも興味があるのでは??」

と言われ、3歳で仏像の本を手渡されたのがきっかけだったようです。

へ~、なるほど~、ってなりますか??3歳でお墓に興味があるって?一体どんな興味の持ち方をしていたのか気になるところです!

母親の友人の方も、仏像の本を持っていたということですが、その方も仏像に魅せられたのでしょうね!その後はどういった話をしていったのかも興味がわきますね!

気になって調べてみたら、ある番組での宮沢汰佳君のコメントです。

「最初、お墓が好きな変な子どもでして。そしたらお母さんの友達が『そんな面白い子だったらこういうの好きなんじゃない』と、仏像の本をプレゼントしてくれたんですね。(本の中の)千手観音の写真を見た時に、もの凄い衝撃を受けて、『何なんだろうこれは。凄く格好良いな』と思って、そこで“ズキュン”ときた。」(宮沢汰佳君)

(https://www.mbs.jp/mint/news/2020/04/06/076360.shtml より引用)

どうやら宮沢汰佳君へのプレゼントだったようですが、まさかこんなにのめり込むとは思わなかったでしょうね。

仏様の導きだったのかもしれません!

宮沢汰佳のFacebookは?

こちらが宮沢汰佳のFacebookになります。

名前が、”高校生仏師 汰佳 ”となっています!卒業したらどんな名前になるのでしょうかね?

自分で高校生仏師と名乗ることに抵抗はなく、むしろそれが使命だったように感じます!

投稿ではほとんどが自分で作った作品ですが、もらった仏像の本の中にあるような素晴らしい出来栄えです。どこかのお寺などにおいてあっても違和感がないです!

大変失礼かと思いますが、どの仏様も宮沢汰佳君のようにほっぺたがふっくらしている印象をもちました。自分の魂がこもっているかのようです。

宮沢汰佳のTwitterは?

こちらが宮沢汰佳のTwitterになります。

名前は、”高校生仏師 たいが”となっていて、ひらがなでの表記です。

やはりFacebookより圧倒的にフォロアーが多いですね!内容は同じ仏様のことですが、こちらは作品よりも仏様に関する話やイベントのお知らせや、日記のような投稿が多いです。

個人的にはTwitterの方が、色々な知識や宮沢汰佳君の素の表情というか身近に感じるような感じがします。

コロナの影響でなかなか外出ができない状況ですが、県内などで見学やお祈りができる環境であれば、一度宮沢汰佳君のTwitterを読んでから行くとより理解が深まると思います。

スポンサードリンク

宮沢汰佳の独特な髪型の理由とは?


出典:mbs.jp

宮沢汰佳君の独特な髪型の理由はなんでしょうか?

それはみうらじゅんさんを意識した髪型なんです!みうらじゅんさんといえば、京都府京都市出身で、職業は、

エッセイスト、小説家、ミュージシャン、評論家、ラジオDJ、編集長、ライター、解説者など幅広い分野で活動しており、公表している職業は「イラストレーターなど」ということです。

どんな関係があるの?と思い調べてみたら、

小学生時代から仏像と怪獣が好きな少年で、京都や奈良の仏像をめぐる。仏像が好きすぎて仏教系の学校に入学したが、途中でエロに興味が出て仏像に飽きる。仏像が好きな理由は、怪獣のように見上げる迫力があったからだという。

Wikipediaより引用

これはどうやら、みうらじゅんさんが仏像マニアでもあるから意識した髪型にしたようです。

宮沢汰佳君は将来は、

・仏師の元に弟子入り

・大学進学して仏像についてを学ぶ

か考えているようで、みうらじゅんさんのような道を考えているかもしれませんが、同じように途中で道を踏み外して飽きるという事にならないで欲しいと思います!

芸人で仏に魅せられた可愛い人はこちら⏬

しゃべくり×深イイ話に可愛いと評判のみほとけ(お笑い芸人)が出演します。 みほとけの学歴(出身高校大学)と資格が半端なくて、私...

宮沢汰佳がなりたいという仏師とは?


出典:gramho.com

宮沢汰佳君がなりたいという仏師とは一体どのような職業なんでしょうか?

日本の仏師は、日本への仏教伝来の時期に朝鮮半島・中国大陸から移住してきたのが始まりと推定されます。

仏像を制作するのが仏師(ぶっし)の仕事です。

仏像には彫刻による木彫仏や石仏、鋳造(ちゅうぞう)による金銅仏(こんどうぶつ)、和紙や粘土の塑造(そぞう)、乾漆造(かんしつぞう)などの技法があり、それぞれ専門化しています。

宮沢汰佳君は粘土の塑造で作っているようです。

仏師になるために必要な資格や学歴はありませんが、仏像制作は奈良時代から伝承する仕事であって、仏像は完成度の高い芸術作品というだけではなく、仏教の信仰対象であり、世界観を伝える役割を果たします。

仏師のもとに弟子入りし、10年ほどかけて修業をする人が多く、得度をして僧侶になる人もいます。

中学卒業後に弟子入りする人もいれば、弟子入り前に仏像彫刻の専門学校に通ったり、美術・工芸関連の大学で彫刻を専攻したりする人もいます。

修業中の弟子は無料で指導してもらったり、食事や住居など生活の面倒を見てもらったりするため、月に10万円前後の小遣いはもらえますが、決まった給料はありませんが、修行が終わると一人前の職人として収入を得るようになります。

仏壇用の仏像の場合、像高30cm程度の日本製の一点物で、著名な仏師作なら100~200万円程度、通常は30~100万円程度で販売されます。

おわりに

【出身高校はどこ?】宮沢汰佳(たいが)のFacebookは?髪型や仏師を調査!と題して記事を書きました。

宮沢汰佳君は3歳で千手観音にズキュンときて、5歳頃には粘土で仏像を作成し、その後現在に至るまでの10年間は仏像を作り続けているそうです。

高校生にしてすでに悟りを開いているようなオーラがあるような気がします!

これからどんな道にすすんでも、最終的には仏師になるんでしょうね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする