【薬物】モーリー・ロバートソンの年収はコカインで下がった?ハーフは本当!

モーリー・ロバートソンは薬物を使用していた!

「1回だけ80年代にコカインをやったことあります」と発言。

その事実により年収は下がった?

「モーリー・ロバートソン」だけどハーフは本当だったの?

大麻とコカインの違い、なぜ1回でやめられたのか。カミングアウトした理由は?

天才DJと言われているとか、色々気になる事が多いので調べました!

スポンサードリンク

モーリー・ロバートソンが使った薬物は?

オバマ元大統領と同じコカインだった!

自身のツイッターで「コカインはやったことがあります。最初で最後にやったのはアメリカで1985年頃でした。鼻からです。オバマより回数は少ないはず。」とツイートしています。

回数が少ないからっていいってもんじゃないでしょう!

「1985年頃は、モーリー氏はハーバード大学在学中。また、米国のオバマ前大統領は、自伝で高校時代に薬物を使用したことを明かしていました」

高校時代でも大学時代でも使ったのは一緒!でも年齢制限があるのか?

ニュース番組「ユアタイム」に出演していたため、フジテレビ側から事情聴取されたそうで「やったのは85年です。1回きりでした。当時の州法では微罪でした。時効が成立しています」と説明したといいます。

購入ルートとやめられた理由は?

「アメリカで友人の売人から買って試しました。『ズキューン!』というアガり方をして、暖房のないケインブリッジの地下鉄の寒さが心地よく感じられたのを覚えています。その時に思ったのは『ああ、これは気持ちよすぎるな』ということ。」とツイート。

〝気持ちよすぎる〟と感じたのに、長年常習することなく、なぜやめられたのか。

同日のツイートで「おかしくなっているハーバードの学生は周りにけっこういたし、そもそも依存性が強い上に単価が高すぎる。(中略)『エアー・ヘッド』(頭の中が空っぽの人)になっていたんじゃバンドも音楽もやれたもんじゃない」と、やめた理由を明かした。

最近ではやめてもやめてもまた続けてしまう人がいるけど、一回でとまれてよかったですね。

「薬物はすぐそこにあるんですよ。ただ蓋をして『あってはならない』と粗相した人を魔女狩りのようにやることよりも、『ここにあるんだから我々はどうやって向き合っていこう』とか、家族の中に薬物依存の人とどう付き合っていったらいいか、こういうところを議論すべきだ」

と述べている。

経験者だから感じることと、言えることがあると思うから、説得力があるね!

スポンサードリンク

年収はコカインで下がった?

モーリーロバートソンさんをネットで検索すると「薬」「逮捕」などネガティブなワードが出てきますが、これによって逮捕されたということはなかったようですね。

この事実を公表し、もし警察が動いたとしても体からは検出されないしそもそも時効が成立しているということでカミングアウトされたのでしょうか

大麻とコカインの違い

大麻には、大麻草の葉を乾燥させた乾燥大麻(マリファナ)、樹脂(やに)や若芽をすりつぶして固めた大麻樹脂 (ハシッシュ)、葉や樹脂から成分を抽出した液体大麻(ハシッシュオイル)があります。

気分が快活、陽気になり、よくしゃべるようになるといわれていますが、その一方で感覚が過敏になり変調を来したり、現在・過去・未来の観念が混乱して、思考が分裂し感情が不安定になったりします。

このため、興奮状態に陥って暴力や挑発的な行為を行うことがあり、さらには、幻覚や妄想に襲われるようになります。

また、何もやる気のない状態となる「無動機症候群」に陥ることもあり、大量の大麻を摂取すると、意識障害を伴う中毒性精神病の状態になることもあります。

大麻は、「大麻取締法」で規制されています。

コカインは、コカの木の葉を原料として作られていて一般的に、無色の結晶又は白色の粉末で臭いはありません。

コカインには、神経を興奮させる作用があるため、疲労感、空腹感がなくなったり、体が軽く感じられ、腕力、知力がついたような錯覚が起こります。

乱用を続けると幻覚、妄想等の症状が現れます。

「麻薬及び向精神薬取締法」により取締りの対象とされている薬物です。

コカインは「麻薬及び向精神薬取締法」で規制されています。

それぞれ取締が違うんですね!

年収は下がったの?

ハーバード大学で専攻した電子音楽の知識を生かして「DJ」「ミュージシャン」として活躍しているだけでなく、「ラジオのパーソナリティ」「ジャーナリスト」「コメンテーター」「タレント」「作家」としても幅広く活躍しています。

たくさんのジャンルで活躍しているので年収は、大体1000万円前後ではないかと話題になっていました。

テレビやラジオで活躍している収入だけでなく、DJやミュージシャンとしてもCDを販売していて、作家としても多くの本を出版しているので、相当な額ではないかと言われています。

コカイン使用後も活動自粛や降板などの話はないので、コカインが原因で年収が下がったということはなさそうです。

時効ですし、当時の州法では微罪だったようです。

逆にコカインのネタで出演機会が多くなりさらに年収があがったのではないかと思います!

スポンサードリンク

実はハーフだった!

日本人とのハーフだった!

名前 : Morley Robertson(モーリー・ロバートソン)

⽣年⽉⽇︓1963年1⽉12⽇

出⾝地︓アメリカ合衆国ニューヨーク州

出⾝⼤学︓ハーバード⼤学

⾎液型︓O型

モーリー・ロバートソンさんはアメリカのニューヨークで生まれましたが、実は⽇本とのハーフだったんですね︕

お⺟さんが⽇本⼈のロバートソン藜⼦さんという⽅で、毎⽇新聞の記者さんだったんです。

モーリー・ロバートソンさん4歳の時にお⽗さんのお仕事の都合で⽇本へと移住をしてきました。

移住先は広島県だったのですが、⼩学校は公⽴ではなくてインターナショナルスクールに5年⽣の1学期まで通っていて、2学期からは公⽴の⼩学校へと転校していきました。

まだこの当時だとハーフってあんまり今ほどメジャーではなかったから、周りの目が気になっていたのかな?それともこの後でわかるように、頭がいいからもっと上を目指したかったのかも。

そして中学受験をして広島県にある男⼦進学校の修道中学校へと⼊学。

そこでは頭の良さはトップクラスということで、もうこの当時からめちゃくちゃ頭はよかったんですね!

このまま⽇本での⽣活を続けていくのかと思われましたが、お⽗さんの仕事の都合でまたアメリカへ戻ることになりました。

その後はアメリカの中学校へと転⼊をしますが、何度かの転校を繰り返しつつ⾼校⽣になりも最初は現地の⾼校へと⼊学をします。

しかし、途中からは本⼈経っての希望により再び広島県へと戻ってきて、修道⾼等学校へと編⼊していきました。

広島修道高等学校ってどんな高校?

先程の調べで、中学も高校も修道中学校・修道高等学校でした。

一体どんな高校かというと、

1725年に広島藩第5代藩主浅野吉長が設置した藩校「講学所」を起源としている。

「道を修めた有為な人材の育成」が建学の精神であり、多彩な分野にリーダーを輩出している特に政界、官界、財界、医療界で活躍する卒業生が多いことで知られる。

それ以外にも、スポーツ・芸能・文化・放送・法曹・学者・専門職・芸術などもありました!

そしてまた転校!大学がスゴイ!

これで一段落と思いきや、転校はこれでは終わりません。

その1年後になんと⾃主退学をします!

その後はお⺟さんの実家がある富⼭県⾼岡市へと移住をしていき、富⼭県⽴⾼岡⾼等学校へと編⼊していき卒業と⾔う形になりました。

卒業後はなんと東京⼤学理科⼀類に合格して東⼤⽣となったのです︕

モーリー・ロバートソンさんは東⼤に合格していたのですが、他にも色々なアメリカの⼤学の⼊試も全て合格していました!

・ハーバード⼤学
・マサチューセッツ⼯科⼤学
・スタンフォード⼤学
・イェール⼤学
・カリフォルニア⼤学バークレー校
・プリンストン⼤学

そして、合格後は東⼤を中退→ハーバード⼤学へと進学をしていきました。

スポンサードリンク

おわりに

モーリー・ロバートソンは「1回だけ80年代にコカインをやったことあります」と発言。

その事実により年収は下がらなかったというより、上がった?

「モーリー・ロバートソン」だけど実はハーフだった。

ガキ使とかバラエティにも出演していて、過激な発言もできる貴重な存在ですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする