【ロシアの評判は?】反田恭平と父親の関係を調査!現在結婚は?(題名のない音楽会)

題名のない音楽会に反田恭平(ピアノ演奏者)が出演します。

ロシアでの評判はどうだったのでしょうか?

父親と関係は不仲なの?現在は結婚しているのか?

イケメンピアニストと呼ばれている反田さんの周りにはいつも取材や人で溢れ返っていて、その人気が伺えます。

はたしてどんな人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

反田恭平のロシアでの評判は?

「クラシック界を震撼させる才能」と囁かれ、ロシアのチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院には首席で入学しました。

反田恭平のリサイタルはすぐにチケット完売するほどの人気!

世界を席巻する若きピアニスト反田恭平は、超絶技巧を必要とする難曲をひきこなすだけでなく、多くの聴衆を魅了する演奏家です。

若い躍動感にあふれた演奏は、すでロシアだけでなく世界で認められ始めています。

2015年には、チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクールで優勝。

そしてクラシックの本場ロシアで、マリンスキー劇場管弦楽団とコンチェルトで共演するなど、ロシアデビューを果たした。

ロシアの他にも、数々の海外のオーケストラと共演してきました。

スポンサードリンク

父親とは不仲だった?

反田さんが小学生の頃にショパンを弾いていたら、父親に

「なんだ、この汚い曲は!」

と言われたことがありました。

父親の耳だと、長音以外の音や不協和音は全て“汚い”音と捉えられるようでした。

子供の頃から両親にピアノの指導はもちろん、楽典やソルフェージュ(聴音)、和声の手ほどきを受ける環境とは無縁でした。

ピアノを本格的に勉強しようと思っていたにも関わらず、父親はクラシックの道に進むことに賛成ではなかったようです。

父との確執の発端が、母親の焼いたホットケーキを反田さんが大きめのホットケーキを取ったのが原因で、ちょっとした喧嘩になりました。

その流れで父親に、

「音楽系の高校には入れさせない」

と言われたんです。

巨人の星(古いから知らない人が多いか)のように、ちゃぶ台を返すような感じでホットケーキを引っくり返したりとかしたのかな?

「そんなに音楽高校に行きたいのなら、コンクールで1位を取って、その賞状を俺のところに持って来い」

と言われた。

のその時点で受けられるコンクールを片っ端から探して、4つ受けて1つは最高位で、ほかは全て優勝しました。

そして父親の前に「どうだ!」と賞状を差し出しました。

ドラマのシーンのような話ですね!

無事、桐朋女子高等学校音楽科(共学)に入学しました。

しかし大学の進路を考えた時に、以前に父親から

「高校までは学費を払う」と言われていました。

高校3年の時になって大学について尋ねたところ、

「普通の大学に進学するならまだしも、音楽大学には行かせない」

と言われてしまった。

ホットケーキのことをまだ根に持っていたんでしょうか?

これはもう日本で一番歴史のある日本音楽コンクールで優勝するしかないと。

このコンクールがきっかけでロシア留学も決まりました。

スポンサードリンク

プロフィール

名前: 反田恭平(そりた・きょうへい)

生年月日 :1994年9月1日

出生地: 北海道札幌市

出身:東京都

高校: 桐朋女子高等学校音楽科

大学:桐朋学園大学の音楽学部

留学:ロシアモスクワ音楽院に主席

2010年に桐朋学園大学音楽部より奨学金を与えられ桐朋女子高等学校音楽科に入学。

女子高等学校って書いてあるので、女子校なのかなと思いましたが共学でした!

経歴

反田さんの父親が普通のサラリーマンで、母親も主婦と言うどこにでもある家庭の息子として生まれました。

決して親から英才教育を受けていたわけでもなかったらしいです。

ただ、音楽が好きだった母親がエレクトーンを弾いていたこともあり、少なからずその影響を受けたのだと思います。

小さい頃から反田さんは母親と同じようにエレクトーンを弾いてみたところ、瞬時に曲が弾けたそうで既にそのころから音楽への才能があったようです!

スポンサードリンク

結婚しているの?

反田恭平さんの彼女を調べてみたところ、現在彼女はいないようです。

それどころか、過去にも噂が立ったことすらない様子です。

今まで彼女が出来たことがないというのは考えにくいのですが、少なくとも現在彼女はいないみたいですね。

今はピアニストとしての仕事に没頭していて、特定な彼女は居ないのかもしれませんね。

それでも仲の良い音楽仲間はいらっしゃるみたいですね。

おわりに

今回は天才ピアニスト反田恭平さんについて調べてみました。

小さい頃から飛び抜けた才能があり、お母様がエレクトーンをされていたのがきっかけでした。

思春期にピアノと全く関係のないことなのに、ピアノを引き合いに出されて父親と喧嘩のようになってしまいましたが、そのための努力の結果が現在に至る理由かもしれません。

反田恭平さんはこれからが本当に楽しみなピアニストのひとりです。

今後の活躍にも期待したいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする