【画像】寺田明日香は可愛いが腹筋(筋肉)がヤバい!!旦那と娘のおかげでママアスリートへ(バースデイ)

バース・デイに登場する寺田明日香さんは100mハードルと日本選手権で3連覇を達成した陸上選手です。

寺田明日香さんはかわいいのですが、腹筋の筋肉がヤバいんで画像があります!!

寺田明日香さんは旦那さんや娘さんのおかげでママさんトップアスリートに復帰します!

寺田明日香さんのwiki経歴プロフィールも合わせて調査します!

スポンサードリンク

寺田明日香はかわいいが腹筋の筋肉がヤバい

出典:https://twitter.com/terasu114/status/1168147365754101760/photo/1

画像でも見事に腹筋が割れているのがわかりますね!

陸上選手を引退してからもカラダを動かすことは好きだったようで、ヒマを見つけてはピラティスやジムなどで軽い運動を続けていて、それは妊娠してから続き、マタニティピラティスやマタニティスイミングなど、無理のない範囲で運動を継続したんだとか!

実はあまり知られていないようですが、国立スポーツ科学センター(JISS)では、女性の日本代表選手のために、競技復帰のための産前・産後期のためのプログラムが組まれています。

現役アスリートで、産前・産後も負荷を考えながらしっかりとトレーニングを行えば、産後でもできるだけ早く競技復帰できるそうです。

寺田明日香の旦那や娘は?


出典:melos.media

寺田明日香さんは2014年3月29日に一般男性と結婚されています。

●プロフィール

・名前:佐藤峻一(さとうしゅんいち)

・生年月日:1983年6月12日で寺田明日香さんより7歳年上

・高校:開成高校

・大学:早稲田大学第一学部

・大学院:早稲田大学大学院スポーツ科学研究科スポーツビジネス専攻

●経歴

・日本陸上競技連盟

・新日本有限責任監査法人 スポーツコンサルタントスポーツビジネス交流会幹事

・中央競技団体実務者交流会幹事

・スポーツコンサルティングを行う株式会社Sports SNACKSのCEO

本当に一般の人なのですか?というぐらいのエリートですね!

バリバリのエリートなんだろうなと思いきや、寺田明日香選手はインタビューで、

「夫に洗濯やゴミ出しを任せている」

と語っていましたので家事を手伝ってくれる良き旦那様のようで、ママさんトップアスリートになれたのも旦那さんの協力があってのことでしょうね!

2019年の6月27日から30日、福岡・博多の森陸上競技場で開催された第103回日本陸上競技選手権がありました。

予選、準決勝、そして決勝とどのレースでもスタンドから大きく手を振って応援した娘の果緒ちゃんに頑張るママの勇姿は、果緒ちゃんの瞳にしっかりと映っていました。

「ママー! がんばったねー!!」

実は娘が1番プレッシャーをかけてくる、と言っていた寺田明日香さん、同じくらい果緒ちゃんの存在がトレーニングの原動力になっていて、すべてのレースを終えた表彰式に笑顔で手を振り合う寺田明日香さん果緒ちゃんでした。

エリートの父親と、インターハイ3連覇の母親をもつ娘さんの将来が楽しみですね!

スポンサードリンク

寺田明日香(陸上)のwikiプロフィール


出典:number.bunshun.jp

・旧姓:寺田 明日香(てらだ あすか)

・現姓:佐藤 明日香(さとう あすか)

・生年月日:1990年1月14日

・出身:北海道札幌市白石区

・身長:167㎝

・体重:50kg

札幌市柏丘小学校に通っていた寺田明日香さんは4年生から陸上を始め、全国小学生陸上競技交流会で、小学5年・小学6年で100m全国2位と、すでに才能を発揮します。

・高校時代では、インターハイで100mハードルで驚異の3連覇。

・高校3年生のインターハイでは、100mハードル・100m・4×100mリレーで優勝、3冠を達成し大会最優秀選手に選ばれます。

・海道選手権では13秒49という日本高校記録を更新。

・高校卒業後は北海道ハイテクACに所属し、その年の日本選手権で優勝を飾る。

・2009年日本選手権では100mハードルを13秒05と自己ベストを更新して2連覇。

・2010年日本選手権3連覇を達成。

寺田明日香のハードル→ラグビー→ハードル軌跡

出典:(@terasu114) | Twitter twitter.com

●陸上から引退

札幌平和通小学校、札幌市柏丘中学校を卒業し、北海道恵庭北高等学校へ進学。

この北海道恵庭北高等学校は女子陸上部の強豪校です。

高校卒業後は北海道ハイテクノロジー専門学校へ進学し、ハイテクAC(北海道ハイテクアスリートクラブ)の陸上部に所属しましたが、引退しました。

その後、2014年24歳から早稲田大学人間科学部人間情報科学科に進学しますが、進学した同年には、夫と結婚し、8月には女児を出産しています・・・

あれ?新婚はともかく、大きなお腹で大学へ通っていたの?と調べてみたところ、通信教育課程でした。

早稲田大学には、2003年から「早稲田大学人間科学部eスクール」といってスクーリングを除く全ての過程を通信課程で行える学習スタイルがあります。

●ラグビーへの転向

陸上を引退した寺田明日香さんですが、2016年に復帰してラグビーへの転向を表明したのは、同級生で親友の桑井亜乃さんから誘われたからです。

当初は「アスリートに戻りたくない」と号泣して断った寺田明日香さんですが、2016年リオ五輪で桑井さん達の活躍を目にしますが、結果は12チーム中10位でした。

しかし、それが寺田明日さんが陸上では果たせなかった五輪出場の夢をラグビーで目指したいと、ラグビーへの転向を決意します。

「私のスピードが少しでも力になれば」

と、日本協会のトライアウトに挑戦し、試験種目で能力を発揮し、13人の中でただ1人合格しますが、ケガにより志半ばでラグビーを断念します。

●再び陸上へ

またも故障で五輪の夢を諦めることになり、さぞや消沈したかと思いきや、ラグビーの2年間で自分の走りが良くなっていると感じた寺田明日香さんは、

「アスリート人生は陸上で締めくくろう」

と、2019年4月7日に再び陸上に再転向しました。

その大きな決断の陰には、スポーツコンサルタントの夫のサポートも大きかったのではないでしょうか。

おわりに

寺田明日香は可愛いが腹筋(筋肉)がヤバい!!旦那と娘のおかげでママアスリートへと題して記事を書きました。

寺田明日香さんは、

「ママさんアスリート」と呼ばれ、活動することにはまだまだ違和感があるのですが、「ママさんアスリート」が当たり前に選択肢のひとつとなるよう、目標に向かう過程や結果で示していきたいと思っています。

と語っています。

今回のバース・デイではトップアスリートとして競技と向き合い子供のために頑張る、母の戦いを放送します。

バース・デイに日本で初の五輪ママさんランナーとなった赤羽有紀子さんが登場します。 赤羽有紀子の旦那(夫)はコーチで娘(子供)は...

その中でも寺田明日香さんは、ハードル→ラグビー→ハードルと珍しい転向をしています。

その詳しい内容はぜひ番組を御覧ください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする