【ここるく社長】山下真美の学歴(高校大学)や経歴プロフィールは?(がっちりマンデー)

がっちりマンデー!!に株式会社ここるく社長の山下真実(やましたまみ)さんが出演します。

現在は2児の母である山下真美さんは自身の子育てから、ママたちが超助かっちゃうビジネスを生み出したのです!

その山下真美さんの学歴(出身高校大学)やwiki経歴プロフィールや、会社名の由来や場所を調べてみました。

スポンサードリンク

山下真美の学歴(高校大学)は?


出典:woman.nikkei.com

名前:山下真実(やました まみ)

生年月日:1988年10月04日

出身地:京都府福知山市

高校:情報はありませんでしたが、京都府の福知山市の高校ではないかと思います。

大学: 関西学院大学総合政策学部

修了大学院 : ミズーリ大学カンザスシティ校 経営大学院

現在の役職 : 株式会社ここるく 代表取締役

京都の田舎町に生まれ育った山下真美さんは、経営者であった父親から、

「出来ない時は、どうすれば上手くいくか考えなさい」

と教えられます。そのため課題があれば解決すべくやってきましたが、幼いころは上手く行かないことの連続だったようです。

幼い頃はわからないことはだいたいが、聞けば親が教えてくれるのが普通の感じがしますが、山下真美さんはその当時から、考える習慣があったのですね。そのため発想力や問題解決力のある大人に憧れたのです。

そして大学在学中に、

「家庭教師をしたい人は多く、新興住宅地もあるのだから、自ら家庭教師を斡旋する学生ベンチャーを立ち上げよう」

と学生ベンチャーを立上げたり、金融業界に就職後も複数の新規事業立ち上げなど経験して、そして自分なりの方法論を築いていくようになりました。

山下真美さんのご両親ともに会社やお店を経営していてそれを見て育ったため、小さい頃から、将来は自分も会社を経営するんだろうなと考えていたようで、逆に自分が企業で働くイメージが持てなかったそうです。

結婚して、2011年に第一子を出産した時に、

「今まで気にも留めていなかった当たり前の事が、産後は一気に出来なくなるんだ!」

と感じたんだそうです。

確かに結婚して子供が生まれると、家事や育児といった今まで自由に使えていた時間が短くなってしまうんですね。女性が仕事を辞め、子供を育てるのが当たり前だった時代はもう終わり、

・女性も働かないと生活費が足りない

・子供がいても仕事をしたい

という現代にあった子育て支援を実現するため、山下真美さんは2013年に株式会社ここるくを設立します。

スポンサードリンク

山下真美の経歴プロフィールは?


出典:style.nikkei.com

山下真美さんは大学3年生になり就職活動を迎えると、将来はそれまでの流れで自然と起業することを考えていましたが、親族全般にサラリーマンがいない偏った家系だったため、

「世の中のほとんどの人がサラリーマンなので、それを知らずに起業するのは不利なんじゃないか」

と考え、一度勉強のためにも就職をしようと考えるようになったそうで、業界として関心があった、山下真美さんが持つ日本のサラリーマンのイメージに近かったNECに就職を決めたのです。

その後、ビジネス理論をもっと学びたいと感じるようになり、ほとんどの理論が海外から来ていたため、どうせなら源流で学びたいという気持ちから、24歳のタイミングで会社を退職し、アメリカでMBAを取得することを決め、アメリカのミズーリ州に渡り勉強をします。

つくづくこういった所謂、成功した方というのは何か考え方が違うのだなと感じます。周りからみれば今のままでもいいのでは?と思ってしまうこともありますが、よりもっと上を目指して行動しているのだなと尊敬します!

こちらは山下真美さんが出版している本です⏬

こちらも気になる女性経営者です⏬

櫻井・有吉THE夜会に竹脇まりな(Marina Takewaki)が出演します。 竹脇まりなの学歴(出身高校や大学)と経歴は?...

山下真美の会社名の由来と場所は?

株式会社ここるくの由来は、育児期のママたちに 心が軽く 明るく 丸くなれる時間や情報を提供することで、子育てを通した成長の後押しをしたい、という想いが込められています。

すっと入ってくるような会社の由来ですね!こちらの場所は⏬

場所:新ここるく本社=はじめの親子教室

住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-11-6

電話:03-6314-2242

営業日、時間:火曜日~土曜日:10時00分~16時00分

定休日:日曜日、月曜日

新築の一軒家で、恵比寿駅からも徒歩5分と近いです!

おわりに

【ここるく社長】山下真美の学歴(高校大学)や経歴プロフィールは?と題して書きました。

山下真美さんの父親が言っていた、

「出来ない時は、どうすれば上手くいくか考えなさい」

という言葉が、今の山下真美さんの考え方をつくり、その考え方が現在の子供がいても仕事がしやすい環境や、レストランなどの施設も入りやすいように企業と協力してこれからの時代を作っていくのだなと感じました。

こういった協力会社がもっと増えていくことを願っています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする