【住所は?】千葉県の障害者福祉施設の名前は?感染経路と初めの感染者は誰?

千葉県の東庄町の障害者福祉施設で57人の新型コロナウイルスへの感染が新たに確認された。

千葉県の障害者福祉施設の名前は?

障害者福祉施設の感染経路は?

一番初めの感染者は誰?

入所者ら58人の新型コロナウイルス感染が判明し、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を除くと、1カ所で発生が確認された国内のクラスター(小規模な感染集団)では最大規模です。

スポンサードリンク

千葉県の障害者福祉施設の名前と住所は?

名前と住所

障害福祉施設の名前は、

「社会福祉法人さざんか会北総育成園」です。

住所は、

〒289-0601 千葉県香取郡東庄町笹川5852

どんな施設なのか?

新型コロナウイルスの集団感染が判明した千葉県東庄町の「北総育成園」は、船橋市が設置した知的障害者向けの入所施設。

障がいがあっても、普遍の人格を有する個人であり、
自分らしく生活する権利のあることは当然です。
私たちは、その実現への支援を実行します。

社会福祉法人さざんか会 理事長
宮代 隆治

・障害者支援施設「北総育成園」「のまる」

・児童発達支援センター「とらのこキッズ」

・生活介護事業所「ゆたか福祉苑」「けいよう」

・多機能型事業所「カメリアハウス」(就労継続支援B型・生活介護)

「笹川なずな工房」(就労移行支援・就労継続支援B型)

・居宅介護や重度訪問介護、行動援護及び移動支援等を行う「魔法のランプ」

を運営していて、グループホームを船橋市内に14ヶ所構えています。

千葉県の障害者福祉施設の感染経路は?

「北総育成園」の感染者の内訳は、職員が32人で入所者が26人です。

現時点で重症者はでていないが、おそらく職員を介して施設内で集団感染が発生したのではないかと思われる。

利用者は79人に上り、67人の職員が勤務していたということです。

今回感染していた58人に重症者はおらず、県は入所者を施設にとどめ、医師を派遣して治療を進めるようです。

29日以降、症状の出ていない利用者ら約50人についても検査する模様。

感染が確認された職員は県が指定する病院で治療を行い、入所者らは施設内で隔離して治療するとのこと。

施設には重度の障害を持っている人が多く、職員との接触機会は頻繁にあるようです。

「患者が発生すると、利用者と職員の関係で次々に感染が拡大した可能性が高い」

と推測されます。

今後は感染者の行動履歴や接触状況を調査し、原因を究明するようです。

スポンサードリンク

初めの感染者は誰?

初め症状が出たのは、40歳代の女性職員です。

・3⽉23⽇:発熱38.9℃があり、仕事を休み県外の医療機関を受診。

・3⽉24⽇:出勤するも早退して、県内の指定医療機関を受診。

・3⽉27⽇:症状が続いたため県内の別の医療機関を受診→検体採取し陽性が確認。

・3⽉28⽇:県内の医療機関に⼊院。

⼥性は最近の海外渡航歴はなく、感染経路などはわかっていないようです

その後、ほかの職員や入所者も発熱の症状を相次いで訴え、県が検査を進めていました。

集団感染は、40代の女性職員の感染が確認された後、検査対象を広げたことで明らかになりました、

この職員は調理を担当していて入所者との接触は多くなかったとみられ、感染経路は明らかになっていないようです。

感染者の入院先は?

・成田赤十字病院

・千葉市立青葉病院

・千葉大学医学部附属病院

・松戸市立総合医療センター

・船橋中央病院

・東京ベイ・浦安市川医療センター

・成田赤十字病院

・高根病院

・いすみ医療センター

・総合病院国保旭中央病院

・南房総市立富山国保病院

・総合病院君津中央病院

・千葉大学医学部附属病院

以上が千葉県の感染症指定病院になります。

千葉県は他の県に⽐べて指定医療機関の数は多いように思います。

しかし今回58⼈も感染者が出たので埋まってしまうこともあるかもしれません。

おわりに

今回は千葉県コロナウイルス感染症指定病院や障害者施設の名前や住所と、初めての感染者である40代⼥性は誰で感染経路や⾏動歴についてみてきました。

今回千葉県の障害者施設で58⼈の感染者が確認されました。

障害者施設ということで施設には重度の障害を持っている人が多く、職員との接触機会は頻繁にあるようですのでより⼼配です。

障害者施設ではまだ検査中の⼈もいるようですが、これ以上感染が拡⼤しないことを願っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする