【日立製作所男性は誰?】茨城県内初の新型コロナウイルス感染(イタリアから帰国で発症?)

茨城県の日立製作所勤務の男性が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。

茨城県内では初めての30代の日立製作所会社員男性は誰?

男性は日立製作所水戸事業所に勤務しており、出張先のイタリアから先月帰国後に発症し、17日に陽性が確認された。

スポンサードリンク

日立製作所男性は誰?

茨城県は17⽇⼣方に記者会⾒を開き、ひたちなか市内の30代の会社員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表。

茨木県内での感染確認は初めてで、関東全都県で感染者が確認されたことになる。

男性は⽇⽴製作所⽔⼾事業所(同市)に勤務しており、感染が拡⼤しているイタリアへの出張から先⽉帰国。

県は男性の勤め先の公表について、

「県⺠に冷静な対応をしてもらうため」

と説明したが、やはり誰であるかは公表していない。

行政側の情報開示ポリシーは、

・感染者については年代・性別・居住地域などの基本情報以外は明らかにしない。

・感染に関わる企業、施設や場所も特定しない。

・個人のプライバシーを守り、市民の過剰な反応も避ける。

という理由から個人の実名は公表できないのです。

茨城県内初の新型コロナウイルス感染

茨城県内で新型コロナウイルスに感染した人が確認されるのは初めてです。

新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは、ひたちなか市にある日立製作所水戸事業所の社員でひたちなか市に住む30代の男性。

県によりますと、男性はせきや頭痛の症状があり、県内の感染症指定医療機関に入院していますが、症状は軽いということです。

また出張に同行していたいずれもひたちなか市に住む社員2人についても、同様に自宅待機としているということです。

県では今後、男性の家族についてPCR検査を行うということで、大井川知事は

「患者の関係者や濃厚接触者を徹底的にフォローして、クラスター化するのを防ぐことを指示した。県民には冷静に対応してもらいたい」

と話しました。

スポンサードリンク

イタリアから帰国で発症?

男性の足取り

男性は先月、イタリアのトスカーナ州に出張して先月28日に帰国し、今月5日に37度台の発熱があったということです。

翌日以降は36度台でしたが、12日から再び発熱し37度台が続いたため、16日ひたちなか保健所の帰国者・接触者外来を受診し、17日、PCR検査で感染が確認されました。

男性はイタリアから帰国後、マスクをつけて出勤し、昼食は自席で1人でとっていたということです。

イタリアのコロナウイルス情報

新型コロナウイルスによる死者数が1000人を超えるなど感染拡大しています。

・3月10日から全土で、不要不急の外出は全て禁止。

・11日には食料品店と薬局を除くすべての小売店舗とレストラン、バーなどの閉鎖。

しかし、底抜けの明るさを持つことで知られるイタリア人は、そんな逆境でめげることはなかった!

イタリア各地でマンションのバルコニーで楽器を演奏し、歌を歌って、お互いを励まし合っている。

中国ってお祝いでそれやったから、余計に広まったんじゃなかったっけ?

そうでもしないとやってられないのかもしれいけど、予防はきちんとしてほしいものです。

スポンサードリンク

男性の経緯

・2月24日から同月27日までイタリア・トスカーナ州に出張。

・3月5日に37度台の微熱が出る。

・12日に再度発熱し、咳や頭痛の症状を訴えた。

・16日に男性の家族がひたちなか保健所の帰国者・接触者相談センターに相談。

・17日に県衛生研究所でウイルス検査の結果、陽性が確認。

そして感染症指定医療機関に入院した。

発熱後の12日以降は在宅勤務していた。

男性の行動

・帰国後、男性が出社したのは2日から5日、9日から11日午前まで。

・いずれの日もマスクを着用。

・昼食は1人で自席で食べていた。

・男性が勤める建物は17日の勤務後に閉鎖。

・社員約1000人は25日まで自宅待機。

・現在、症状は落ち着いている。

スポンサードリンク

茨城県が新型コロナ感染者数を公表しなかった(隠蔽)理由は?

最近の報道を見る限り「公表しなかった(隠蔽している)」というより、「コントロールしている」と考えるのが妥当かもしれません。

今の日本で一番重要なのは、医療崩壊を起こさないようにすること!

以前、新型インフルエンザが流行した際には人々が医療機関を訪れた結果、医療現場が大混乱になりました。

みんなが心配して、重症でもない人がたくさん病院にやってくると、多くのお医者さんが感染しやすくなります。

さらに病院内で患者間の感染も広がり、感染者数が爆発的に増えてしまいます。

そのようなパニック状態を防ぐため、国や県は国民に対し、むやみな行動を慎むような措置をとっているのではないでしょうか?

おわりに

茨城県は17⽇⼣方に記者会⾒を開き、ひたちなか市内の30代の会社員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

茨木県内での感染確認は初めてで、これで関東全都県で感染者が確認されたことになります。

男性は⽇⽴製作所⽔⼾事業所(同市)に勤務しており、感染が拡⼤しているイタリアへの出張から先⽉帰国しました。

県は男性の勤め先の公表について、「県⺠に冷静な対応をしてもらうため」と説明した。

男性の実名に関しては、行政側の情報開示ポリシーから誰であるかは公表できない。

医療崩壊を起こさないように状況に応じて、ウイルスの情報を公開しないこともある!

ということがわかりました。

新型コロナウイルスの感染から、回復した方の話では、

もっとしっかり、手洗いとうがいをして感染予防をしておけばよかった

とのことでした。

できることは、きちんとしましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする