【購入方法と副作用は?】イベルメクチンのコロナの効果は?製薬会社はどこで市販で買える?

イベルメクチンというシラミの薬が新型コロナウイルスに効果があるとオーストラリアの大学から発表がありました!

イベルメクチンの購入方法と副作用は?

イベルメクチンのコロナの効果は?

製薬会社はどこで市販でも買えるの?

できるだけ調べてみました。

スポンサードリンク

イベルメクチンのコロナの効果は?

新型コロナウイルスの感染が世界に広がるなか、オーストラリアの大学が4日、アタマジラミ症などの寄生虫感染症の治療薬「イベルメクチン」が、新型コロナウイルスの抑制に効果があったと発表しました。

これは、オーストラリア南東部メルボルンのモナッシュ大学の研究チームが発表したもので、アタマジラミ症などに使われる抗寄生虫治療薬の「イベルメクチン」が、実験の結果、新型コロナウイルスの抑制に効果があったとしています。

「1回量のイベルメクチンで新型コロナウイルスの複製を48時間以内に止めることができました」(モナッシュ大学 カイリー・ワーグスタフ博士)

「イベルメクチン」は、2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した大村智・北里大学特別栄誉教授が発見した放線菌から開発され、年間3億人の治療に使われる寄生虫による感染症治療薬で、オーストラリアなどですでに30年以上、使われています。モナッシュ大学では、今後、「イベルメクチン」の臨床試験を行い、できるだけ早期に新型コロナウイルスの治療薬として応用したいとしています。

イベルメクチンの製薬会社はどこ?

イベルメクチンの製薬会社は、科研製薬株式会社です

科研製薬は2019年2月28日、アーバー社がアタマジラミ症治療薬として米国で販売するイベルメクチン0.5%外用剤を、日本で開発、事業化する契約を締結した。

イベルメクチンは日本皮膚科学会などから開発要望されていたもので厚労省の、

「医療上の必要性が高い未承認薬・適応外薬検討会議」

での検討を経て、開発企業の公募がなされ、科研が開発を申し出ていた。

イベルメクチンってどんなものなの?

寄生虫(糞線虫、ヒゼンダニ)に作用し、麻痺を起こし、寄生虫を死にいたらせ、駆除します。

通常、腸管糞線虫症、疥癬の治療に用いられます。

イベルメクチンは駆虫剤で、国内では腸管糞線虫症、疥癬の治療薬ストロメクトール錠(製造販売元:MSD、販売:マルホ)が承認されているものです。

イベルメクチンは、マクロライド類に属する物質で腸管糞線虫症の経口駆虫薬、疥癬、毛包虫症の治療薬でもあります。

放線菌が生成するアベルメクチンの化学誘導体で静岡県伊東市内のゴルフ場近くで採取した土壌から、大村智により発見された新種の放線菌「ストレプトマイセス・アベルメクチニウス」が生産する物質を元に、MSDが創薬した。

スポンサードリンク

イベルメクチンの購入方法(市販で買える)は?

日本では、診療報酬適応疾患として、腸管糞線虫症、および疥癬がある。

糞線虫では2回、疥癬では1回服用できる(一般論としては、孵化していない虫卵に対しては効果がないため、2回服用が好ましい)。

2回内服する場合は1 – 2週間空ける。

診療報酬適応疾患としてとあるので、どうやら医者にかかった人でないと処方されないようです。

イベルメクチンの副作用は?

主な副作用として、吐き気、嘔吐、肝機能異常、かゆみ、発疹などが報告されています。

・消化器症状→下痢、食欲不振、便秘、腹痛などがあらわれる場合がある。

・皮膚症状→痒み、発疹などがあらわれる場合がある。

・頻度は稀だが、そう痒の一過性の増悪、中毒性皮疹などがあらわれる場合がある。

・肝機能障害→頻度は稀だがあらわれる場合がある。

イベルメクチンはクリアランス(腎臓などによる排泄能力の大きさ)が極めて低く、また血中イベルメクチンの93%程度はアルブミン(一群のタンパク質に名づけられた総称)と結合している。

肝臓で代謝を受けたイベルメクチンはヒドロキシル誘導体となるが、これら誘導体の水溶性は低く、ほとんど尿中排泄されない。

このような化学的・薬理学的性質から、血中半減期はかなり長く(およそ47時間程度)、致命的な副反応はほとんど見られないために、臨床上大変有用な薬物であるようです。

おわりに

イベルメクチンというシラミの薬が新型コロナウイルスに効果があるとオーストラリアの大学から発表がありました!

市販での購入はできないようですが、処方でなら服用できるようです。

イベルメクチンは本来の目的以外にも他の感染病予防にも効果が期待できるとされていたようですね!

韓国の反応は、

「日本製の不買運動は不可能なのか」

「臨床はまだ」

「すでに駆虫薬として使われているから、臨床も簡単なはず」

「アビガンも同じだが、日本製の薬が世界を救ったら日本製の不買運動勢力は謝罪運動するのかな…」

など様々です。

その韓国のチョン・ウンギョン疾病管理本部中央防疫対策本部長は、

「人に投薬可能な正確な用量や副作用に対する安全性、有効性などが十分に検証されていないため、薬剤研究段階での一つの提言としてのみ見ている」

と述べた。

たしかに、まだ効果があったからといってすぐに使用できるほどの保証はない。

ただ、コロナに効果がある薬が出始めていることは、希望の光である。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする