小川広仁の顔画像やFacebookと犯行手口や動機は? 経歴がスゴい?

小川広仁はいわゆる塩漬けという土地の取引を装い、所有者から計約900万円と土地をだまし取ったとして逮捕された。

顔画像やフェイスブック、ツイッターなど、犯⾏⼿⼝や動機と経歴プロフィールなどをピックアップして⾏きたいと思います。

その経歴プロフィールや学歴などのスキルは⾼いんでしょうか︖

被害者への接触と現金の受け取りを担っていたということですが、その背後にはもっと大きな組織がありそうです。

スポンサードリンク

小川広仁の犯行の手口とは?

まずは公式の発表です。

和歌山県白浜町で買い手がつかずに「塩漬け」となっている土地の取引を装い、所有者から計約900万円と土地をだまし取ったとして、京都府警は17日、詐欺の疑いで東京都葛飾区、無職小川広仁容疑者(26)ら男3人を逮捕した。

府警によると、3人は不動産業者を名乗る詐欺グループの一員とみられ、被害者への接触と現金の受け取りを担っていた。他にも同様の被害があり、被害総額は1億円に上る可能性があるとみて調べている

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

「塩漬け」状態の土地は、過去に別の事業者が資産運用名目で販売していたが、資産価値が低く、買い手がつかない状況が続いていたという。

塩漬けの土地とは、自治体の土地開発公社などが5年以上の長期にわたって所有している土地である。

自治体が何らかの公共事業のために取得したものの、景気の低迷や自治体の財政悪化が原因で事業が進まなかったり、中止されたりして、放置されている状態をいう。

今回の事件は、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド近くの土地であった。

実際にこの男が被害者への接触と現金の受け取りを担っていた役をやっていたと⾔う公式の発表ですので、ある⼀定の指導⼒や⼈間を集めることができる統括⼒と、対話のスキルは持っていたんではないでしょうか。

容疑者側に現金をだまし取られるなどした土地所有者は数十人いるとみられ、被害総額は1億円近くに上る可能性があるという。

少なくとも素⼈が出来るような任務ではないので、ある⼀定の経験や業界に精通している⼈物というものは間違いなくレベル的にもそれなりの能⼒やテクニックというものを持っていた可能性が⾼いです。

今回は被害者への接触と現金の受け取りを担っていた役として検挙されていますので、当然この3人だけではなく詐欺グループとして新たな巨⼤な組織が裏で動いている可能性があります。

おそらく捜査当局の今後の取り調べではその辺の余罪や裏の⼤きな組織やマーケットなども追求していくことになると思います。

スポンサードリンク

小川広仁の犯行動機は?

ではここで男の犯⾏動機などについて調査していきたいと思いますが、シンプルに考えて詐欺師が詐欺⾏為を⾏うのはどう考えても⾦銭⽬的だと思います。

これ以外の動機があるのかといえばほぼ100%無いに等しく、お⾦⽬的の犯⾏だったということは断⾔していいでしょう。

買い手が付かない土地を売却したい所有者の心理につけ込み、容疑者らが虚偽の土地取引を持ちかけたと考えられる。

やはりそう考えると⾼齢者は格好の餌⾷になるターゲットになりますし、今後もそのような市場を狙った詐欺師などが同じような犯⾏を仕掛けてくると思いますので、是⾮⾼齢者の⼈たちは普段から未然に防御できる知識だけは知っていて欲しいと思います。

ただオレオレ詐欺とは違って、自然な流れで話がどんどん進んでいき、気がついたらお金を渡していたということでしょうから、防ぐのは難しいと思いますが、信用できる人に一度相談してみたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

小川広仁の顔画像やFacebookは?

既に顔画像などは公開されていますが、 Facebook と Twitter などのソーシャルメディアに関してはアカウントが存在しませんのでおそらくこの辺のプールはやっていなかったんではないでしょうか。

小川仁という名前が近いアカウントは存在していますが、全く関係ない人でしょう。

当然詐欺師なわけですからこのようなネット上のツールなどを使って情報漏れをしてしまえれば仕事として成り⽴たないと思いますので情報が漏れるようなツールは普段から使っていなかったのではないでしょうか。

当然、被害者への接触と現金の受け取りを担っていたのですから、上の幹部や上司なども存在していた可能性が⾼いです。

スポンサードリンク

小川広仁の経歴プロフィールや学歴がスゴイ?

ではここでこの男の経歴プロフィールや学歴などについて調査していきたいと思いますが、被害者への接触と現金の受け取りを担っていたので、かなりハイレベルな学歴を持っているのかとイメージしてしまいます。

「塩漬けの土地を売却することができる」などとうそを言い、手数料や登記費用などの名目で現金計約900万円をだまし取ってたことから、そういった知識があったか、教えれられたのかわかりませんが、他にも被害者がいることから、それなりの雰囲気はあったと思います。

とにかく今回の検挙で組織としては被害者との接触と現金の受け渡しの3人が⾝柄を拘束されたわけですからかなり弱体している可能性も⾼いですし、⼤きな組織として動いているのであれば壊滅の第⼀歩に繋がっていくのではないでしょうか。

今後の取り調べによってその辺も 追求していき他のメンバーや上層部などに辿り着いていけ
ば、詐欺グループを⼀網打尽にできるきっかけになっていくと思いますので 期待したいと思い
ます。

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする